心と体に向き合う時間

ヨガをすると心がスーっとします。

それは、呼吸意識を向けることで、自分自身の内側にある穏やかな部分に気づけるから。

そして、日常生活に起こるさまざまな出来事に対して、勝手に動く心のさざ波を

穏やかに捉えることにも繋がります。

 

今の役割を全てスイッチOFFにすることは難しいですが

マットの上に、ゴロンと横になることで、不思議と心と体がほぐれていきます。

暖かく、そして軽やかで、柔らかさを感じることができます。

ヨガを続けていくことで、体の奥の緊張を手放すことができて

自然とリラックスすることを体が覚えていきます。

 

ぜひ心地よいヨガの時間をお過ごしください。

 


気づいていく

アサナ(ポーズ)を取りながら

今の自分の状態(内側)気づいていきます。

今のの状態に意識的になってみる。

意識をしたところは、変化していきます。

 

呼吸

完全呼吸法

クラスのはじめに行う完全呼吸法は、①腹式(深い)②胸式(中間) ③鎖骨式(浅い)の3つを

合わせた呼吸法となります。口を閉じて鼻で行い、肺全体をはたらかせて息を吐くとお腹がひっこんで横隔膜があがり、心臓をマッサージします。息を吸うとお腹がふくらんで横隔膜がさがり、腹部の臓器がマッサージされます。

また自律神経のバランスも整えることができます。

呼吸は密接につながっています。


続ける

何でもそうですが、ヨガも、とにかく

続けることが大事です。

とっても地道な作業です。

目に見える結果がすぐに手に入らなくても、

あきらめずに続けることで、少しずつ変化し、

やがて効果を感じることができます。


正直な気持ち

心の奥にある正直な気持ちを大切にしていますか。

また、その気持ちと行動が一致していますか。

ヨガの時間では、心の声に耳を傾けて素直な気持ちに

向き合います。

とらわれない

私たち生きているものは常に変化し続けています。

形があって、ないようなもの。

内側にある純粋な心を信じて

しばられず、とらわれず。

いつでも自由です。可能性も無限です。