結婚指輪についてブツブツ。

今日は冬らしいいいお天気でしたね。お正月もあっという間に過ぎ、本当に早いです。そして1月11日、1が3つ並ぶなんて結婚記念日だったら覚えやすい日ですね。ちょっと唐突ですが、書いてみたくなったので思いの向くままに書いてみます。

 

私は結婚して今年で9年を迎えます。まだ9年という感じもあれば、もう9年か。。と長かった道のりのようでもあります。と冒頭から何をどう書いていいのか?と上手くまとめられませんが、、とにかく色んな事や自分の中にある人間の醜い感情を経験しました。ある人は一生経験しない事かもしれないし、ある人は「人生なんてそんなもんでしょ!」なことかもしれません。当時の私はとにかく主人との結婚生活に心身共に疲れきっていたことは事実です。何度も離婚しよう思いましたが、そこまでの決断ができませんでした。

行政の電話相談に始まり、夫婦カウンセリング、離婚相談、心理カウンセリングetc。結局、区の相談員の方が一番親身になってくださいました。自分の気持ちを理解してもらえると楽になるけど一時的なもので、根本的な解決にはなりませんでした。結局のところ自分で決断して前に進んでいかないことには先は見えてこないんですが、渦中というのは視野も狭くなって余裕がないし思うように動けず足踏み状態。そして周りを見渡すと、仲の良い(そう見えたのかな?)ご家族がいっぱいいて羨ましかったです。私は二人目も欲しいと思っていたし、これから小学校に上がる前にもう少し広いお家にも住みたい、でも現状はまるで遊牧民のようなその日暮らし状態。あまりのストレスにほぼ毎日金縛り、異常現象、幻覚?なぞの神経痛、副鼻腔炎、咳、めまい、喉が熱くしめつけられるような苦しみ、自律神経失調症、しまいには生理が来なくなりました。とちょっと重い話になりました苦笑。その時の私は、結婚指輪結婚という幻想)に縛られて、大切なことを忘れていたような気がします。

本来、結婚していても”自由”(好き勝手という意味ではない)であるべきですよね。お互いがどうありたいか、自分がどうありたいか。なんですよねきっと。これって結婚していてもしてなくても関係ない問題ですよねって、たかだか結婚9年で偉そうに言えることではないですが、、、。

でも私は主人と逃げずに正面から思いっきりぶつかり合ってきました。そして”今”そう思います。

まだまだ色々あるとは思いますが、結婚指輪なんて関係ないって心の底から思います。

実際ヨガをやるので指輪が邪魔になってやりずらかったですし。。(厚みのあるものを買ってしまったため。)

主人はというと、1年ちょっと休職してましたが復帰してから、気持ち新たに家族のためにも自分のためにも頑張ろうという気持ちを忘れないために指輪をつけています。ありがたやありがたや。

 

離婚しようと悩んでいたり、「なんでこの人と一緒になったんだろう?」とか、子供のために離婚は考えないけど会話がないなど自分の気持ちを隠してそれっぽい生活している人もいると思います。でもでも、そんな背中を子供はいつも見ています。それが子供がいずれ結婚する大人になった時に大きく影響するから、もう一度振り返って、パートナーとの関係を見直すためにも結婚指輪を外してみると、自分で勝手に縛り付けていた”何か”に気づくことができるかもしれません。

 

離婚はいきなりできないけど、指輪なら外せます。結構、楽ですよ~☺

その後の責任はとれませんが。。。( ゚Д゚)

指輪ってそれだけ不思議な力があるのかな~とも思います。